いままでなかったのに、首にポツポツとおできができることがあります。それは首イボになり、イボといえないほどの小さいものですが、首にある本人にとってみれば、心が沈む異物のひとつです。その種類と治療方法、そして改善策を知っておきましょう。

■イボの種類
数ミリ程度の肌色のポツポツとなるアクロコルドン、まるでホクロやソバカスみたいなスキンタッグが代表的な首イボになっています。その他にも老人性イボなど種類がありますが、どれも良性になります。よって治療をする必要はありませんが、持っている本人してみれば、そうはいかないことも多いでしょう。

首イボにはいろんな種類がある!治療方法と予防対策について

良性になりますが、そのままにしておくと、増えることもあるのが首イボです。できやすい肌になっていますので、予防策が求められます。

文献>>首イボの原因と自分で治す方法~イボに効くヨクイニン配合化粧品~ https://kubiibocare.com/

■まれに悪性のことも
ほとんどが良性のイボになりますが、一部ウイルス感染によってできる首イボもあります。これは人間に感染しますので注意が必要です。首イボができる原因は加齢になっていますが、家族で特に若い子供に首イボができる場合は、ウイルス性のイボが疑われます。

クリニックで治療が必要です。またほとんどが良性腫瘍になっていますが、まれに悪性の場合もあります。これは取り除いて検査をしてみないとわかりませんので、気になるのであれば、皮膚科を受診してください。

■治療方法は取り除く
外用薬もありますが、確実に治療をしたいのであれば取り除くのが良い方法です。クリニックの方針で治療方針は異なりますが、多くは液体窒素で死滅させたり、局部麻酔を使って切除する方法があります。また首に発生すると痕が目立つ可能性もありますので、最近は美容外科も首イボ処置をしてくれるようになっています。

美しさを求める人であれば、皮膚科よりも美容外科の方が良いでしょう。

■首イボは改善策がもっとも大切
できてしまった首イボは取り除くのが治療法になりますが、それを行ってもまたできるのが首イボです。根本的な予防策が必要になります。原因は加齢であり、新陳代謝の低下によって引き起こされることが多いですので、活性化させることが大切です。

首イボができた経験がある人であれば、専門のクリームを使って予防をしましょう。イボに効果があるとされる成分であるヨクイニンが配合されていたり、保湿成分であるヒアルロン酸などが含まれている製品もあります。そのようなものを使ってスキンケア対策をしましょう。

■できにくい肌にするために
スキンケアも大切になりますが、問題は老化になりますので、抗酸化作用を持つ製品を体内に取り入れるのも効果的な首イボができにくい予防対策になります。外用薬や美容液だけでは限界がありますので、内側から改善することも忘れないようにしましょう。

■問題はそのままにできないこと
首イボができたのであれば、それだけでできやすい体質になります。また増えることが多いですので、なんらかの対策が必要です。また体験をしていない人であっても、誰にでもできる可能性があるのが首イボになっています。歳を重ねればできる可能性があるからこそ、予防が必要になりますので、自分に関係ないと思わずにしっかり対処をしておきましょう。

■スキンケアが改善策になる
スキンケアは外側だけではなく、内面からも必要になります。首イボができるのは、加齢が直接的な原因となっていますので、アンチエイジングこそ効果的な改善策になるでしょう。できにくい肌にすることが大切です。